墓じまいの後に東京へ移転するには

subpage01

墓じまいは霊園などにある先祖代々の墓を処分して、家族が住んでいる東京など利便性の高い場所に移転することを意味しています。
遠方にお墓があるとお墓参りや管理ができないことや、お墓の管理を受け継ぐ人がいない場合に墓じまいをするケースが多くなっています。
その後、遺骨は納骨堂や共同供養墓に納骨することになります。



東京にお住まいの方は、東京の納骨堂などを利用すると利便性が高くなるでしょう。霊園では永代使用料を支払い、使用権を受け取っていますので、墓所とともに権利の返還をする手続きを行います。

NAVERまとめを是非ご利用ください。

埋葬許可証を得て、納骨しているので、移転に際して様々な公的手続きが必要です。

また、檀家として菩提寺の墓を持っている場合は、寺院に対して離檀料を支払うこともあります。離檀料とは、檀家になることを終えるため、寺院に収めるお布施のようなものです。

手続きには証明書が必要で、寺院からは埋葬証明書、移転先からは受入証明書を受け取り、各自治体に改葬許可申請を行います。


遺骨はどこにあるのか所在を明確にすることが義務付けられており、個人的な判断で勝手に移動させると処罰を受ける可能性があります。手続きを忘れずに、墓じまいを進めましょう。


また、宗教観が変わってきて必要ないと考える方もいますが、閉じる墓には閉眼供養、移転先では開眼供養を必要とする場合もあります。

仏教なら僧侶による読経などの供養をするので、お布施など別途費用が掛かるでしょう。