改葬を行うにはどうすればよいのか?

subpage01

改葬とは、今あるお墓を別の所に移す事をいいます。


しかし改葬は、許可なく好き勝手に行う事は出来ません。今あるお墓に埋葬されている遺骨を、他の場所へと移動させるには手続きが必要で、役所からきちんと許可をもらう必要があります。


これを違反してしまうと、法律違反で罰則を受ける可能性がありますので注意が必要です。



では改葬を行うにはどんな手順を踏めばよいのかというと、大きく分けて5つあります。まず第1に、役所へ申請をする前に、新しいお墓をどこにするかを決める必要があります。
それは役所へ申請する時に、新しいお墓の移転先の管理者から証明書が必要となるからです。

また、今使っている石碑をそのまま新しい場所でも使う場合も、移転先が許可してくれるかをきちんと調べる必要があります。

Girls Channelに関して最新情報を教えます。

第2に、役所へ行き、改葬の許可申請書を入手して必要事項を記入します。


そして、新しく移転する場所の管理者から入手した証明書をそこに添付して役所に提出します。

第3に、書類に不備がなく要件を満たしていれば、役所から許可が下りて、その許可証を移転先の役所に提出して、ようやく事務手続きは終了です。

第4に、お墓から遺骨を取り出すのですが、その際にお坊さんに「魂抜き」の法要を依頼してやってもらいます。

最後に、移転先に新しいお墓を作って、そこに遺骨を納骨し供養をします。



さらに、お坊さんに「魂入れ」の儀式をやってもらい、改葬はこれで全て完了となります。