東京で永代供養墓を選ぶ際のポイント

subpage01

近年の少子高齢化や単身者世帯の増加により、従来の墓地形態のお墓にこだわらない方がだいぶ増えてきました。
特に永代供養墓と呼ばれる墓地形態は、お寺や霊園でお墓全般を永代にわたり管理してもらえる利便性や、宗旨や宗派が不問のパターンが多く、値段も一般の墓地形態に比べてリーズナブルなことから年々ニーズが高まりつつあります。

言い換えれば、現代社会のライフスタイルや価値観の変化が、このような墓地の形態にマッチするケースが増えているとも言えます。
例えば、子供がいない、伴侶に先立たれた、独身で身寄りがいないなどの理由で、お墓を継ぐ人がいないケース。または、自分の死後に子供に負担をかけたくない、経済的事情でお墓にあまりお金をかられない、宗旨や宗派にこだわりたくないなど、様々な家庭の事情や経済的事情、宗教的価値観などによりこの墓地形態を選択するケースが多々見られます。
いずれにしても、永代供養墓という墓地形態は現代社会には必要不可欠になっているのは確かなようです。



ところで永代供養墓と一口に言っても、合祀墓や納骨堂をはじめ、供養塔、位牌壇、夫婦墓に至るまで、造りや質量も多種多様なので、自分のニーズにあった永代供養墓をしっかりと見極める必要があります。
そのためには予め知識や情報を普段から収集した上で、供養墓の造りや外観、ロケーション、周辺環境について実際に見学することです。



例えば東京であっても都心部と近郊や郊外とでは、ロケーションや平均的料金、供養墓の形式など異なる部分が多々あります。



東京都心部のお寺ではロッカー式を採用しているお寺もあれば、郊外では一般の墓地と同じように一定期間お骨を安置し、その後に合祀するお寺もあります。

また平均的料金も、郊外に比べて東京区部の方が高い傾向にあります。

このように事前のチェックをしないと、後々トラブルの原因にもなりかねないので注意が必要です。